2008年12月09日

図書館における官公庁の名簿等の取扱いについて声明を出しました

 元厚生次官殺傷事件を受けて、国立国会図書館をはじめ公立図書館のいくつかで『職員録』の閲覧を制限していましたが、国会図書館では制限を緩和し始めたようです。

 職員録の一部、閲覧可能に=住所記載名簿は停止継続−国会図書館
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008120901009

 38%自治体が閲覧など制限強化 図書館所蔵の「職員録」
 http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008120801000465.html

 事件以来の図書館の動きを反省し、今後の運営の参考にもしていただきたく、図書館問題研究会では以下の声明をホームページに掲載しました。

 図書館における官公庁の名簿等の取扱いについて(声明)
 http://www.jca.apc.org/tomonken/meiboapeal.html

 図書館は誰のために運営されているのか。『職員録』は何のために出版されているのか。考えを深める良いチャンスだと思います。


posted by 発行人 at 22:44 | Comment(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。