2009年10月08日

台風一過の喜界島から

[喜界島の図書館員から情報いただきました]

うーん、流石に昨晩は怖かった。
図書館の台風対策で仕事で遅くなり、我が家の台風対策は何もできないままだった。
地響きのような風雨に昨晩は何度も起こされた。

今日は、午前中は「自宅待機」ということで、強風雨の中、「オズの魔法使い」的体験をすることの無いようにと、ただただ、ご先祖さまにお祈りしながら、築40年の木造トタンぶきの借家で、じーっと室内ウサギ(娘達が、お父さんが寂しくならないようにと残していった)と一緒に過ごしていた。

トタン屋根は台風常襲地帯では、部分的な張り替えが出来、とても有効な建材です。
幸いに暴風圏の端のほうに入っただけであったので、直接の被害は無く、風速40メートル記録しただけで、大きな被害はなかった。
台風もすぎさり、午後からは出勤となり本当にホッとした。
昼からは、図書館周辺の折れた枝の撤去や窓ガラスの掃除、サッシ網戸の取り付けなどに追われた。

そうそう、残念なのは、今季、最後の収穫を期待していたバナナ園が全滅したということです。
ここ4、5年、温暖化の影響で台風らしい台風の体験が無いが故に、自然の恐怖を久しぶりに体験した。
これから台風の強襲予定地区のみなさん、今回のは大きいですので、気をつけてください。
とりいそぎ、電気も復旧した喜界島からの台風レポートです。


posted by 発行人 at 08:31 | Comment(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。