2010年03月14日

みんなの図書館2010年4月号が出ました

みんなの図書館2010年4月号.jpg◆◆目次◆◆

特集:群馬の図書館
特集にあたって 関西編集部 01
あたりまえを地道に伝える―図書館だよりへの「図書館の機能と役割」連載 星野盾 02
群馬県の図書館ネットワークについて 市村晃一郎 10
生まれ変わる高崎の図書館 杉原浩子 19
こどもの本との出会い―前橋こども図書館 渡邉幸江 26
NPO委託に伴う太田市立中央図書館の取り組み 尾内秀男 33
ハンセン病関連資料と草津町立図書館 中沢孝之 38
東吾妻町公民館図書室―いつでも!どこでも!だれでも!みんなで読書に親しもう 上原佐知子 45
子どもと本をむすぶ学校図書館に人を―群馬から 太田克子 50
図書館問題研究会群馬支部前大会から五年を振り返る 石原照盛 57

連載:
アメリカの図書館は、いま。―43 「愛国者法」その後 井上靖代 64
マスメディアの現場から――72
児童ポルノと組織のくびき―表現の自由を奪うのは誰か 佐々木央 72

ほん・本・Book:
PFI神話の崩壊』 小池信彦 81

図問研のページ:
非正規職員のための交流のページ 職員問題委員会、日本図書館協会訪問 川越峰子 82
図書館問題研究会第37回東北集会「東北の図書館から未来に挑む!」in青森・報告 西山真喜子 85
図書館問題研究会全国大会(in草津)第2回プレ集会 87
今月贈っていただいた本 83
会員異動 88

column:図書館の危機管理:
イスの座面が汚れたら 中沢孝之 80

column:図書館九条の会:
東京大空襲の真実から逃げるな! ちばおさむ 84

Crossword Puzzle;310 63



◆◆特集にあたって◆◆

『みんなの図書館』関西編集部では、毎年「図書館問題研究会全国大会」(以下全国大会)にあたって開催地の図書館事情を特集にとりあげています。地元の図書館についてよりよく知っていただくことを目的としております。内容は次のとおりです。

@あたりまえを地道に伝える―図書館だよりへの「図書館の機能と役割」連載
A群馬県の図書館ネットワークについて
B生まれ変わる高崎の図書館
Cこどもの本との出会い―前橋こども図書館
DNPO委託に伴う太田市立中央図書館の取り組み
Eハンセン病関連資料と草津町立図書館
F東吾妻町公民館図書室―いつでも!どこでも!だれでも!みんなで読書に親しもう
G子どもと本をむすぶ学校図書館に人を――群馬から
H図書館問題研究会群馬支部 前大会から五年を振り返る

今回は原稿を9本いただきました。5年の歳月を経て、さらに活発な活動をしている群馬県の図書館をぜひ見ていただきたいと思います。

(関西編集部)


posted by 発行人 at 12:21 | Comment(0) | みんなの図書館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。