2010年07月14日

みんなの図書館2010年8月号が出ました

みんなの図書館2010年8月号.jpg◆◆目次◆◆

特集:図書館問題研究会のいまとこれから―『みんなの図書館』400号記念!!
特集にあたって 編集部 01
《メッセージ》
図問研に励まされ、図問研を支えていきたい 天谷真彦 02
図書館界のニューヒーロー・ヒロインを発掘したい!―FLU40の活動と、わたしの図問研への期待 宮川陽子 04
図書館員であり続けるために図問研へ望むこと 村上さつき 08
予定調和の世界を超えた多事争論を 岡本真 12
図問研初心者が期待すること、望むこと 天野奈緒也 16
《コラム:未来の図書館員からのメッセージ》
図書館との出会い 稲村翠 20
《図問研支部活動のいま》
宮城支部 加藤孔敬 30
東京支部 東京支部委員会 36
愛知支部 木村晋治 38
滋賀支部 天谷真彦 41
兵庫支部 清水純子 42
鹿児島支部 種村エイ子/得本拓/芋高貴理子 44

『みんなの図書館』400号に寄せて 中沢孝之 21
『みんなの図書館』のあゆみ 西村彩枝子 48

一般:
コミュニティで作る図書館管理システム「Next-L Enju」 田辺浩介 59
中学生へ出前ストーリーテリング―これまでの体験を通して思うこと(下) 山本宣親 65

連載:
アメリカの図書館は、いま。――46
図書館員として求められる専門的能力 井上靖代 73
※佐々木さんの連載は、今号はお休みです。

ほん・本・Book:
新図書館法と現代の図書館』 竹内ひとみ 81

図問研のページ:
「図書館利用に障害のある人へのサービス」交流のページ 改正著作権法と図書館の現状@「改正著作権法の概要」 佐藤聖一 83
「公共図書館の児童サービスを考える2010」報告 85
会員異動 87
今月贈っていただいた本/編集後記 88

column:図書館の危機管理:
口蹄疫と図書館―一日も早い終息を祈って 中沢孝之 79

column:図書館九条の会:
人間存在(生き方)を「ピラミッド模型」で立体的に考える 菅原勲 80

イベントガイド:
第42回全国子どもの本と児童文化講座 豊岡・城崎大会 72

Crossword Puzzle;314 58


◆◆特集にあたって◆◆

「みんなの図書館」も400号を発行することができました。この場をお借りして感謝申し上げます。今号に掲載の西村氏の原稿を拝見して、私が編集に携わるようになってから10年以上が経過していることに改めて驚かされました。

200号記念の際にも活発に活動している支部の皆さんに原稿をお願いしましたが、今回は会員以外の方々からも、図書館問題研究会に期待すること(その裏返しとしての苦言も含む)ということで、お忙しい中メッセージを書いていただきました。

新しく会員になられた方からも、入会前の当会に対するイメージを赤裸々に書いていただきました。そのような他の目から見た図書館問題研究会に対するイメージを知ることから新しい一歩が始まるのではないでしょうか。

ここ数年大会でお配りしている「図書館問題研究会の年表」ですが、大会参加者の人数が不明な年や、委員長の任期が違っているのではないかという指摘をいただいている不完全な状況で恐縮ですが、正確な情報が出ることも期待してお出ししました。

冒頭に触れましたが、編集部に後継者ができないという構図はそのまま図書館に新しい職員が入らないという構図と重なります。次号以降もつまずきながらも1号ずつ新たな歴史を築いていきます。会員・読者の皆さまからの協力を今後ともよろしくお願いいたします。

(編集部 文責:松本芳樹)


posted by 発行人 at 12:47 | Comment(1) | みんなの図書館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「みんなの図書館」8月号を読みました。
400号に寄せられたメッセージのラインナップを見て、編集部の意気込み、改革意識を見ました。特に、アカデミック・リソース・ガイド(ARG)の岡本真さんのご意見は傾聴に値します。様々反論を覚悟の上で、執筆されたここと思いますし、こうした論点から図問研を(あるいは図書館業界を)相対化させようと意図した編集部に敬意を表したい思いです。
 岡本さんの取り組みについては、いろいろと思うところがある私ですが、そのことで岡本さんを誤解していたと自省しています。
 より開かれた「みんなの図書館」のために、図問研に集う私たちは、今こそ図書館という機能や使命を、図書館を必要とする多くの方たちと手を結び、考えなくてはならないでしょう。
 図問研のあり方という議論を超えて、民主的な公共空間(政治・経済・生活世界)のために、図書館は何が出来るのか、そして図問研は何が出来るのか?
創設60周年を二年後に迎えるというこの機を逃さず、前向きに語り合おうではありませんか。
Posted by 嶋田学 at 2010年07月19日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。