2011年08月19日

鎌倉図書館百年史

<図書館友の会全国連絡会さんから情報いただきました>

鎌倉市図書館は、今年で100年目を迎えました。
今回は地元の図書館を通じて読んだ、分厚い「鎌倉図書館百年史」についてご紹介します。

感激したのは、「第4章 これからの鎌倉の図書館」のところです。
読んでみると、図書館のあり方を市民側の目線で記述されています。
図書館の振興・発展のための市民活動をしている者にとって、大変参考になる素晴らしい内容で、公式記念誌に掲載されたこと自体が意義深いと思いました。

1.生涯学習部移管案と市民の対応
 大きな問題となったテーマの市民の対応がまとめられています。

2.図書館をめぐる民間委託の動き
 ここに「図書館とともだち・鎌倉」のこと以外に「図書館友の会全国連絡会」の発足、「私たちの図書館宣言」のことも出てきます。

3.あるべき図書館の姿
 「無料の原則」など図書館法の考え方を分かりやすく述べています。

4.これからの鎌倉の図書館
 書籍の電子化、MLA連携、ランガナタンの図書館学の5法則、菅原峻氏の話などが出てきます。

「一人ひとりの市民にとって、公共図書館が、なくてはならない公共施設となったとき、初めて鎌倉市に、図書館文化が醸成したといえるのではないだろうか」と述べています。

このような内容が「鎌倉図書館百年史」に堂々と掲載されることは画期的なことだと思います。
鎌倉市民と図書館が協働で執筆し、この部分は市民委員の手で書かれています。

いろいろと苦労された様子が、図書館ホームページにも掲載されていました。
http://lib.city.kamakura.kanagawa.jp/hp/html/100nikki.html
posted by 発行人 at 13:14 | Comment(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。