2011年10月04日

活版印刷の魅力、再発見

最近、なにかのきっかけで無性に読みたくなり「たしか持っていたはずだが…」と本棚を探しても見つからない本がちらほらと。いったいどこへ行ってしまうのだろう。

少し前には岩波文庫のコルタサルが行方知れずに(未だ出てこず)、そしてまさに今、手にとって愛でたいと思うのに見当たらないのが活版絵葉書画集『ぜんまい屋の葉書』(金田理恵著 筑摩書房 1991)。なぜこの本なのかというと、9月最後の月曜日に活版印刷工場「明晃印刷所」の見学に行ったからなのだ。
写真1 入り口.jpg

大阪福島区のレトロな建物、昭和な雰囲気。工場に足を踏み入れると、そこにはきれいな日焼けにブルガリの香る男性。工場の雰囲気にあっていない気がして戸惑う。しかしこの方こそ、様々な職業遍歴(移動メロンパン屋、占い師、農業、等々)の後、家業である活版印刷業に戻られた二代目高崎氏であった。今関西で一番、いや事によると日本で一番熱い活版印刷屋さんかもしれない。
写真2 高崎さん.jpg

「RT @meikoprint: 関西活版倶楽部のみんな メーリングを回すで 大手企業とコラボするで!! みんなもっともっとワクワクして加速せんとアカンで 全国に展開するから ポッとしてたら 置いてくからな キッチリとついてこいや」という雄叫びのようなツイートからもその熱さを感じていただけることと思う。ここに出てくる「関西活版倶楽部」とは、高崎氏が関西の活版印刷の若手を集めて立ち上げたもので数々の活版イベントを仕掛ける。
写真3「ハイデルベルグ」.jpg

工場では活版印刷機、ドイツ生まれの「ハイデルベルグ」や大阪生まれの「橋本さん」たちの仕事ぶりを見せていただき活版印刷の魅力を再認識した。あの存在感にはなんともいえないものがある。
写真4「橋本さん」.JPG

さて、高崎氏は高校時代まで豊中で過ごされ庄内界隈でブイブイいわせていたとのことで、ローカルな話題でも盛り上がった。「儲かってしゃあない、楽しいわぁ」を口癖のように連発しながら、常に新しいことに突き進む姿勢をぜひとも見習いたいと思った秋の一日であった。

それにしても見つからない本たちは何処に…。そろそろわが家も蔵書点検が必要なのだろうか。

(豊中市立岡町図書館 上杉朋子)

写真5 活字.JPG
posted by 発行人 at 10:30 | Comment(0) | リレーエッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。