2010年06月22日

第57回全国大会in草津について、連絡先が変更になります!

第57回図書館問題研究会全国大会in草津の開催も間近となりました。大会事務局も皆さんが快適にすごせるよう、奮起しております。

このような時期に大変勝手ではありますが、大会事務局の連絡先が変更になりました。

22日以降の大会関係のお問い合わせは、下記へお願いします!

群馬県立図書館 市村晃一郎
TEL:027−231−3008
FAX:027−235−4196

メールアドレスは変わりません。
tomonkengunma2010★gmail.com
(*★を@にしてください。)

*22日以降、井ノ口雄久(高崎健康福祉大学図書館)へご連絡をいただいても対応ができませんのでご了承ください。

ご迷惑をおかけしますが、何とぞよろしくお願いします。


posted by 発行人 at 18:13 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

第57回図書館問題研究会全国大会を草津で開催します!

2005年の第52回全国大会に続く群馬での開催となりました。
日本有数の温泉地として知られる高原のまち<草津>での開催となります。
「一度はおいで」と草津節に謡われ、インターネットの旅アンケート「行ってみたい温泉地」では常に上位に位置している温泉地です。
熱い湯につかり、高原のさわやかな風に吹かれながら、図書館をめぐる様々な問題に取り組み、明日の図書館のために何ができるかを考えていきます。
多くのみなさんに参加いただき、大いに語り、交流を深める大会を目指しています。
草津で会いましょう!

と き:2010年7月4日(日)〜6日(火)
ところ:草津温泉 中沢ヴィレッジ(http://0932.jp/

詳細、お申込は http://tomonkengunma.jimdo.com/
posted by 発行人 at 12:45 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

図書館スタッフのための仕事のツボ(非常勤職員・委託スタッフのための図書館連続講座)のお知らせ

2010年度第1回は知れば知るほど面白い地域資料です。ぜひご参加ください。

日時 2010年5月31日(月) 午後1時30分〜5時
会場 文京区民センター 会議室3C 

テーマ 街の記憶装置としての地域資料サービス 
講師 松島 茂さん(墨田区立図書館職員)

参加費 500円  ただし、図書館問題研究会と、図書館スタッフ交流会会員は無料
共催 図書館問題研究会東京支部   図書館スタッフ交流会
対象 都内・近県の公立図書館に勤める非常勤職員および委託スタッフの方。

研修終了後、講師を囲んでの交流会を予定しています。
お問い合わせ先  小形 亮 TEL 080−5445−6497
posted by 発行人 at 13:18 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

ひらこう!学校図書館 学校図書館を考える全国連絡会第14回集会のお知らせ

<学校図書館を考える全国連絡会さんから情報いただきました>

 今、図書館は危機に立たされています。
 「専任・専門・正規」の学校司書配置がなかなか進まないだけでなく公共図書館も指定管理者や民間委託の荒波に大きく揺さぶられ図書館そのものの存在意義が問われています。
 子どもから大人まで、すべての市民の成長を支える図書館を守り、育て、発展させていくために私たちはどう考え、行動すればいいいのでしようか。
 今回は、幅広い見識と行政のプロとしての実績をお持ちの片山善博氏と、東京都杉並区で精力的に学校司書配置運動をすすめている3人の方をお迎えし、現状を打開するための指針をお聞きしたいと思います。

*とき 2010年6月5日(土) 10:30〜16:30

*場所 日本図書館協会 2F研修室

*日程
 10:00〜 受付
 10:30〜 記念講演「地方分権と図書館―問われる自治体の力量」
        片山善博氏(慶応義塾大学法学部教授・前鳥取県知事)
 13:30〜 実践報告「杉並区学校司書配置運動の成果と課題」
        岸洋子氏・鳥生千恵氏(専任司書がいる学校図書館を実現する会in杉並)
        千田てるみ氏(杉並区済美教育センター学校図書館支援担当支援員)
 15:10〜 意見交流・情報交換

*参加費 500円

*主催  学校図書館を考える全国連絡会

*申込  4月25日〜5月30日の間にメール(件名「ひらこう学校図書館申込」)でお申込ください(先着100名)

*申込先 gongon3254@gmail.com
posted by 発行人 at 18:19 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

「図書館を育てる力」〜市民と図書館員の二人三脚〜 のお知らせ

<東大和の図書館を考える会さんから情報いただきました>

長年着実に活動を続けている「町田の図書館活動を進める会」のメンバーに活動の様子などを話していただくとともに、図書館の側からも会との関わりなどについてお話をうかがいます。

さらに参加者のみなさんとの情報交換も行いたいと思っています。各地で活動を続けているみなさんのご参加をお待ちしています。

講師  増山正子氏(町田の図書館活動を進める会代表)
     守谷信二氏(町田市立図書館長)

日時  2010年5月15日(土) 午後2時〜4時

会場  東大和市立中央図書館 視聴覚室(2階)
     東大和市中央3‐926
         電話 042−564−1300

資料費 300円
  * 事前の申し込みは必要ありません。当日会場においでください。
posted by 発行人 at 09:37 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

日本図書館協会北海道ブロック研修会のお知らせ

<日本図書館協会北海道ブロック研修会実行委員会さんから情報いただきました>

会員・非会員を問わず、図書館に関心のある方はぜひご参加ください

提言・意見交換:「都道府県立図書館への指定管理者制度導入の問題点」ほか
   講師:常世田良(日本図書館協会事務局次長)

日時:平成22年4月17日(土)12:00〜17:00

会場:札幌市中央図書館 3階講堂

資料費:500円(実費)

申込:4月13日(火)までに下記あてFAXかメールにてお申し込みください
(個人情報保護のため責任を持って管理させていただき、当研修会以外の目的で使用することはいたしません)
   札幌市清田図書館 森昌彦 FAX 011-889-2485 mori.masahiko@city.sapporo.jp)

主催:日本図書館協会 主管:日本図書館協会北海道ブロック研修会実行委員会
posted by 発行人 at 18:04 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

「高知市民の大学」社会科学コース(金曜夜)で「読書と図書館のススメ」を行います

<高知支部から情報いただきました>

高知市文化プラザかるぽーとにて、第67期「高知市民の大学」が開かれます。
その中で、『市民の図書館』の原型となった、あの渡邉元館長がお話されます。
4月9日金曜夜6時半から8時までです。
どなたでも参加できます!
図書館関係者の皆様、ぜひご参加ください!
龍馬伝でわく高知の観光もかねていかがでしょうか?

この講座は連続講座ですが、1回ごとでも参加できます。ぜひ全国からお申し込みを!
内容の企画は高知県立図書館とNPO高知こどもの図書館でしました。
詳しくは、以下のかるぽーとのホームページをご覧下さい。

http://www.bunkaplaza.or.jp/jishu/10/daigaku/1001.html

こんな時代だからこそ、公共図書館の原点に返って考えませんか!
posted by 発行人 at 12:13 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

第3回わたしたちのつどいのお知らせ

−図書館で働く非正規職員の交流会−

図書館の現場は、公共図書館も大学図書館も学校図書館も専門図書館も、みなさまざまな働き方の人によって支えられています。
図書館で働いている人、大学で図書館について教えている人、地域で図書館にかかわっている人、図書館を利用している人、それぞれの立場から図書館サービスの充実について、図書館職員の働き方について、意見を出し合ってみませんか?

日時 2010年3月11日(木) 19:15〜21:15

場所 大阪市立総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室 TEL 06-6345-5000
交通 JR・阪神・阪急・地下鉄の大阪または梅田駅から徒歩

連絡 阪本和子(神戸市立中央図書館) wako_0502★yahoo.co.jp
当日 wako_0502-tel★docomo.ne.jp(どちらも★を@に変更して下さい)

当日参加も大歓迎ですが、あらかじめ参加をお知らせいただけるとうれしいです。

主催:図書館問題研究会大阪支部・兵庫支部
posted by 発行人 at 21:48 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ちょっと待って!図書館の“民営化” 図書館の専門性を育てるには

<多摩市に中央図書館をつくる会さんから情報いただきました>

今、多摩市立図書館では、7館目の地域館として2010年度末に開館予定の(仮称)唐木田図書館の運営について、民間委託化を検討しています。
「窓口等の業務委託」と言っていますが、実際には、館長は本館と兼務、館には直接は市の職員を1人も置かずに、委託業者の社員で地域館の日常運営を行う計画であることが明らかになりました。
昨年12月には市民に向けてアンケート調査が行われました。
3年間実施してみて、その後見直すのでやってみれば良い、という意見が大勢でしたが、本当にそれで良いのでしょうか?

これはサービスの質が変わるかもしれない大きな政策変更で、多摩市の図書館はこれからの方向を考える大事な岐路に立っています。
尾林芳匡さんは、公共サービスのアウトソーシングのほころびが各地で明らかになってきたことを、わかり易く説明されています。
多摩市の図書館が、今後どうあればよいのかを、皆さんで考えましょう。

講師:尾林芳匡氏(弁護士・八王子合同法律事務所)

著書:『新自治体民営化と公共サービスの質 新版』(自治体研究社)ほか

日時:2月28日(日)15:00〜17:00

会場:永山公民館(ベルブ永山)3階講座室 京王・小田急永山駅から徒歩2分

定員:45名 当日直接会場へ

参加費:資料代300円

主催:多摩市に中央図書館をつくる会 042-371-3757 青木

新 自治体民営化と公共サービスの質

新 自治体民営化と公共サービスの質

  • 作者: 尾林 芳匡
  • 出版社/メーカー: 自治体研究社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本



posted by 発行人 at 12:05 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

学習会 図書館からワーキングプアをなくすために

《公共サービス基本法》制定と全国の新たな取り組み

民営化によって作り出された、不安定な労働環境で働く人たちの問題が、マスメディアにも取りあげられるように、変わってきました。
《公共サービス基本法》の制定は、このような変化を背景にして、これまでの運動が到達したところだと思います。
官製ワーキングプアをなくすために、この法律がどのように役に立つのか、全国の運動が今どこまで来ているのか、学びます。

■ 講師 伊藤久雄氏 (東京自治研究センター)

■ 日時 2010年3月1日(月)

   13:30〜16:00 (開場13時00分)

■ 会場 日本図書館協会 2階研修室
      茅場町下車徒歩5分(地下鉄東西線・日比谷線)

■ 参加費 ¥500(資料代含む)

■ 共催 東京の図書館をもっとよくする会・図書館問題研究会東京支部

連絡先 大澤042(467)4716、池沢042(765)3382

(手話・点字を希望する方はご連絡ください)

http://motto-library-new.cocolog-nifty.com/blog/
posted by 発行人 at 11:06 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

図書館の指定管理者制度を考える―いま何をすべきか―

いま、道内のまちの図書館では、5市町村で指定管理者制度が導入されており、来年度以降も2〜3の市町村が予定をしています。
また、道立図書館においても、発表された道の公共施設評価において、「指定管理者導入」の方向性が示されました。

しかし、生涯学習、子ども読書活動推進、ビジネス支援と図書館の役割がますます大きくなるなかで、図書館の指定管理者制度導入がよい選択なのか、全国の図書館の指定管理者制度導入の実情や反対の取組など、日本図書館協会の常世田氏をお招きして、これからの取組を考えていきます。

1 日時 2010年2月22日(月)10:40〜14:30
2 会場 北海道青年会館
3 主催 北海道立図書館指定管理者制度を考えるチーム有志
4 共催 北海道公共図書館司書会・図書館問題研究会北海道支部
      自治労全道庁労働組合図書館支部
5 参加費 無料
6 内容
第1部 10時40分〜12時10分
 講義「図書館の指定管理者制度導入の現状とこれからの取組み」
  常世田良氏(日本図書館協会事務局次長)

第2部 13時〜14時30分
 報告「図書館の現場で感じたこと」
  土井道子氏(栗山町図書館長)
 報告「全国の図書館委託等の報告」
  森昌彦氏(札幌市清田図書館)
 資料説明「指定管理者・委託 図書館経営に関する資料」
  鈴木浩一氏(北海道立図書館 市町村支援課)

《問い合わせ先》
 北海道立図書館 鈴木浩一 kohiro@isis.ocn.ne.jp
posted by 発行人 at 10:30 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

直前告知・追加情報:図書館問題研究会第36回 研究集会in 滋賀(守山)

締切間近ですので、再告知します。

新しい情報として2日目の15日に、常世田日図協事務局次長を
お迎えして、文部科学省で検討されている新しい望ましい基準
について報告・質疑を行います。

また、発表者・発表内容についても記載しました。

図書館法改定にともない、望ましい基準も新しくなります。
現在、文部科学省の「これからの図書館の在り方検討協力者会議」
で内容が討議されており、2月中にも案文の発表とパブリック・コ
メントが予定されています。新しい望ましい基準は、かなり内容が
追加されるようだとも伝えられており、常世田さんはこの会議の委員
でもある為、詳しい情報が聞けるものと思います。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/019/giji_list/index.htm

皆様、奮って、そして急いで参加申込をお願いします。

図書館問題研究会第36回 研究集会in 滋賀(守山)
テーマ:市民と図書館の関わり方をともに考える

日時:2010年2月14日(日)〜2月15日(月)

会場
14日 守山市生涯学習会館・エルセンター http://www.usennet.ne.jp/~eru/
守山市勝部3丁目9-1(駅西口徒歩10分) TEL 077-583-5558
15日 ライズヴィル都賀山 http://www.tsugayama.or.jp/
守山市浮気町300-24(駅東口徒歩1分) TEL 077-583-7181

宿泊:ライズヴィル都賀山

内容:パネルディスカッション、テーマに沿った発表、自由発表

日程
14日 12:30〜13:30 受付
13:30〜13:40 開会式
13:40〜16:20 パネルディスカッション
市民と図書館の関わり方をともに考える
パネリスト: 阿曾千代子
(図書館とともだち・鎌倉会員 図書館友の会全国連絡会事務局)
嶋田学(東近江市立図書館)

16:30〜18:00 研究発表・討論(1発表=討議含め30分)
18:30〜20:30 懇親会

15日 9:00〜10:00 新しい望ましい基準の検討状況について
          報告:常世田良(日本図書館協会事務局次長)
10:00〜12:00 研究発表・討論(1発表=討議含め30分)

発表(順不同)
津田恵子(山陽小野田市立図書館)「市民と図書館の関わり方をともに考える〜山陽小野田市立図書館のチャレンジ〜」
明石浩(福山市新市図書館)「図書館の利用を伸ばす接遇」
平湯文夫(図書館づくりと子どもの本の研究所)「市民の図書館の棚づくり―いっしょに考え、ご意見をおきかせください。―」
下吹越かおる(鹿児島県指宿図書館)「NPOとしての図書館つくり」
明定義人(長浜市立高月図書館)「乳幼児サービス再考」
竹内ひとみ(国立国会図書館)「国立国会図書館の新聞資料」
清水純子(兵庫県立図書館)「「貸出」という用語について」

会場への交通
【公共交通利用の場合】
JR京都駅より―琵琶湖線上り(新快速25分)―JR守山駅下車
JR米原駅より―琵琶湖線下り(新快速28分)―JR守山駅下車
【車の場合】
最寄りIC:名神高速道路 栗東IC

参加費
両日参加:図問研会員2000円(非会員3000円)、発表者は無料
1日参加:同1500円(同2000円)
宿泊:6000円
懇親会:5500円
1.お支払いは当日会場で受け付けます。
2.急なキャンセルはキャンセル料が発生することがあります。詳細は問い合
わせてください。

参加申込締切:2010年1月31日

一般参加者:守山市立図書館 天谷真彦
〒524-0022 滋賀県守山市五丁目3番17号
TEL 077-583-1639 FAX 077-583-6949

発表希望者:静岡県立中央図書館 新出
〒422-8002 静岡県静岡市駿河区谷田53-1
TEL 054-262-1245 FAX 054-264-4268
posted by 発行人 at 21:33 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

日本図書館協会中国ブロック会員の集いのお知らせ

日本図書館協会の会員を対象とした研修会ですが、参加を希望される方はどなたでもご出席いただいて結構です。

また、当研修会の翌日12日(金)には、米子市立図書館を会場に、鳥取大学附属図書館の主催で、桃山学院大学図書館情報学教授、山本順一先生をお招きして、法情報サービスの研修会を開催する予定です。
研修会への参加をご希望の方は、図書館における法情報サービス.docに必要事項を記入の上、鳥取大学附属図書館までお申込ください。

日  時:平成22年2月11日(木)午前10時〜午後4時30分
場  所:鳥取県立図書館他
主  催:日本図書館協会
企画運営:日本図書館協会中国ブロック会員の集い実行委員会
日  程:1 午前10時〜11時30分
       図書館見学(鳥取市中央図書館又は鳥取県立図書館)
          ■鳥取市立中央図書館を見学希望の方は・・・
           午前10時に鳥取市立中央図書館多目的ホールにご集合ください。
          ■鳥取県立図書館を見学希望の方は・・・
           午前10時に鳥取県立図書館2階大研修室にご集合ください。
     2 午後1時〜午後4時30分
       日本図書館協会、常世田良理事より報告をいただき意見交換をする予定
        <主なテーマ>
          ■日本図書館協会の公益社団法人への認定に向けて
          ■日本図書館協会の上級司書職制度の検討について
          ■障がい者サービスと著作権法改定について
     3 午後5時30分〜
       鳥取市内にて交流会開催予定(会場未定)
       会費6,000円程度

参加申込:日本図書館協会中国ブロック会員の集い.docに必要事項を記載の上、2月9日(火)必着で鳥取県立図書館、小林隆志までお申込ください。
       〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101番地
       電話:0857-26-8155 ファクリミリ:0857-22-2996
       電子メール:kobayashi_t@pref.tottori.jp
posted by 発行人 at 14:14 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

第5回日本図書館協会四国ブロックの集いのお知らせ

四国の図書館を熱くしよう! in 香川

図書館を取り巻く状況はますます厳しくなってきています。
その一方で,ボランティア活動の高まりなど,利用者からの要求や期待は高まる一方です。
図書館が住民の暮らしの中に根付いたものになるために,いま図書館に求められていることは何なのか。
その課題を乗り越えるため,日本図書館協会と四国の図書館員,ボランティア,図書館に関心のある方が一堂に会して論議を深めましょう。

 主催:日本図書館協会,香川県図書館学会
 後援:図書館問題研究会香川支部
 日時:2010年2月13日(土)13:30-16:30
 会場:高松市中央図書館3階 視聴覚ホール

 内容:基調講演「図書館の今日的課題」
       常世田良氏(日図協事務局次長)
     パネルディスカッション「暮らしに役立つ図書館づくり」
       山重 壮一氏(高知県立図書館)「貸出をのばす展示」
       明石 浩氏(福山市新市図書館)「図書館利用をのばす接遇」
       詫間 康弘氏(坂出市立大橋記念図書館)「ボランティアとの 連携」

 参加費:無料
 申込方法:名前,連絡先を下記に連絡してください。
 申込・問合先:坂出市立大橋記念図書館 小川
(FAX.0877-45-6678  yufujio@sg-u.ac.jp藤尾)
posted by 発行人 at 12:24 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

公共図書館の児童サービスを考える2010−赤ちゃんに「ことば」を、保護者にサービスを−のお知らせ

人間の発達に「ことば」は大きな役割を果たしています。
それは、文字を、本を、読めるようになる前から始まっています。
その時期にある子は、ひとりで図書館に来ることはできません。
わたし達は、そういう乳幼児にどんなサービスをしたら良いのでしょうか。
また、現在は子育てが困難な時代だと言われています。
周りのおとな、特に若いお母さんには図書館からの積極的な働きかけが必要でしょう。
ご一緒に、これからの乳幼児サービスを考えませんか。
誘い合わせてのご参加を、お待ちしています。

日時 2010年2月8日(月)13:30〜17:00
会場 神戸市婦人会館4階 もくれん TEL078−351−0861
参加費 100円(資料費など) ※図書館問題研究会会員は無料
持ち物 黒の油性ペン、ハサミまたはカッターナイフ

≪お申し込み・お問い合わせ先≫
島崎晶子(西宮市立鳴尾図書館)FAX0798−45−5004 a2.mly@nishi.or.jp
※資料,材料準備の都合上、なるべく事前申込をお願いします。

内容
13:00 受付開始
13:30 乳幼児サービス−神戸市立図書館がはじめたこと−
     (神戸市立中央図書館 小倉さつき)
14:20 図書館の乳幼児サービス
     (高月町立図書館 明定義人)
15:30 つくってみよう手作りグッズ
     (西宮市立鳴尾図書館 米山麻理)
16:00 討議
16:50 みんなで片付け
     このあと場所をかえて情報交換会を行ないます。
     喉を潤しながら楽しくお喋りしませんか?

主催 図書館問題研究会兵庫支部こども委員会
共催 図書館問題研究会大阪支部
posted by 発行人 at 17:20 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

平成21年度東京都多摩地域公立図書館大会『多摩からはじまる、国民読書年』のお知らせ

[東京都市町村立図書館長協議会さんから情報いただきました。]

本大会は、課題を共有する図書館職員の研鑚の場として、また市民との共同研究、交流の場として開催します。2010年は国民読書年です。この記念すべき年に多摩地域図書館からの声を発信していきます。

主催 東京都市町村立図書館長協議会
後援 東京都市教育長会、東京都西多摩郡町村教育長会、(社)日本図書館協会
会期 平成22年2月4日(木)、5日(金)、9日(火)、12日(金)、17日(水)、18日(木)
会場 国分寺市立いずみホール(定員370名):4、5、9、12、18日
    調布市グリーンホール・小ホール(定員250名):17日

日程 開会式・基調講演:
     平成22年2月4日(木)午前9時45分〜 国分寺市立いずみホール
       「デジタルとケータイの時代の『読書』」
        津野 海太郎氏(評論家・和光大学名誉教授)
   分科会など詳細は府中市立図書館のお知らせ・行事案内をご覧ください。

対象 図書館職員及び市民等(無料)
申込 一般市民の方は申込不要です。当日直接会場へお越しください。(先着順)
問合 実行委員会事務局:府中市立中央図書館(電話042-362-8647)
posted by 発行人 at 14:13 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

図書館問題研究会第36回研究集会in 滋賀(守山)のご案内

テーマ:市民と図書館の関わり方をともに考える

 図書館問題研究会は、36回目の研究集会を滋賀県(守山市)で開催し
ます。
 滋賀県は図書館先進県と呼ばれています。1980年代以降の図書館振興
の成功によって、貸出冊数、設置率、専門職員など図書館サービスの各
指標は全国平均に比べると高い水準にあります。また、大都市圏で急速
に進む民間委託や指定管理者制度なども導入されておらず、直営での
サービスが堅持されています。このように他県からは羨望をもって見ら
れる滋賀県ですが、自治体の厳しい財政状況の下、図書館が「聖域」と
して安泰なわけではありません。直営の図書館サービスを維持していく
ためには、全国の図書館(職員)と情報交換を密に行い、サービスをよ
り一層高めていくことが必要でしょう。
 図書館を取り巻く状況が厳しい中、利用者であり主権者である市民
(住民)との関係はますます重要になっています。パネルディスカッ
ションでは、市民と図書館の関わり方に焦点をあて、お互いにとってよ
り良い関係のあり方について考えます。
 そして、研究集会は図書館員が日々の実践を言語化・理論化し、情報
を共有し議論するまたとない機会です。研究集会への多くの方の参加と
報告をお待ちしています。

日時:2010年2月14日(日)〜2月15日(月)

会場
14日 守山市生涯学習会館・エルセンター http://www.usennet.ne.jp/~eru/
守山市勝部3丁目9-1(駅西口徒歩10分) TEL 077-583-5558
15日 ライズヴィル都賀山 http://www.tsugayama.or.jp/
守山市浮気町300-24(駅東口徒歩1分) TEL 077-583-7181

宿泊:ライズヴィル都賀山

内容:パネルディスカッション、テーマに沿った発表、自由発表

日程
14日 12:30〜13:30 受付
   13:30〜13:40 開会式
   13:40〜16:20 パネルディスカッション
   市民と図書館の関わり方をともに考える
   パネリスト: 阿曾千代子
   (図書館とともだち・鎌倉会員 図書館友の会全国連絡会事務局)
   嶋田学(東近江市立図書館)
   パネリストは追加する予定で交渉中です。

   16:30〜18:00 研究発表・討論(1発表=討議含め30分)
   18:30〜20:30 懇親会

15日 9:00〜12:00 研究発表・討論(1発表=討議含め30分)

会場への交通
【公共交通利用の場合】
JR京都駅より―琵琶湖線上り(新快速25分)―JR守山駅下車
JR米原駅より―琵琶湖線下り(新快速28分)―JR守山駅下車
【車の場合】
最寄りIC:名神高速道路 栗東IC

参加費
両日参加:図問研会員2000円(非会員3000円)、発表者は無料
1日参加:同1500円(同2000円)
宿泊:6000円
懇親会:5500円
  1.お支払いは当日会場で受け付けます。
  2.急なキャンセルはキャンセル料が発生することがあります。詳細
は問い合わせてください。

参加申込締切:2010年1月31日
発表申込締切:2010年1月17日(発表要綱締切1月24日)

※研究発表を募集します。発表時間は30分以内で事前に要綱原稿(A4,4
枚程度)をご提出いただきます。テーマに沿った発表の他、自由発表も
お待ちしています。

参加申込・問い合わせ先
メールアドレス(一般参加・発表者共に):36kenkyu@gmail.com

一般参加者:守山市立図書館 天谷真彦
〒524-0022 滋賀県守山市五丁目3番17号
TEL 077-583-1639 FAX 077-583-6949

発表希望者:静岡県立中央図書館 新出
〒422-8002 静岡県静岡市駿河区谷田53-1
TEL 054-262-1245 FAX 054-264-4268

「みんなの図書館」2月号に申し込み用紙が添付されています。
メールで申し込みをされる方は、以下の項目を記入して下さい。

「図書館問題研究会 第36回研究集会」参加・宿泊申込書
【必要事項を記入、またはチェックをつけてください】

フリガナ
お名前
性別
会員/非会員
サポート希望 手話/要約筆記/テキスト/誘導
支部
住所 〒
TEL           
FAX
MAIL
所属(勤務先など)

連絡先(同上の場合は不要)
住所 〒
TEL           
FAX
MAIL
所属(勤務先など)

発表 する/しない
発表日 14日/15日/いずれでも可
タイトルあるいはテーマ:

参加費
両日参加 会員(2,000円)/非会員(3,000円)
1日参加 14日/15日 会員(1,500円)/非会員(2,000円) 
宿泊(6,000円) あり/なし
懇親会参加(5,500円) あり/なし
posted by 発行人 at 11:32 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

「図書館で働き続けたい人のためのパワーアップ講座」 第2回 @静岡

[静岡で行なわれている図書館の非正規スタッフのための講座の2回目の告知です]

どんな力をつければ、司書であり続けられるのか
−静岡県立こども病院医学図書室司書の塚田薫代さんに聞く−

「どうせ非正規職員だし…」と思うと、仕事のモチベーションも上がらないものです。
今回は、静岡県立こども病院医学図書室の塚田薫代さんを講師に招き、お話を伺います。
非正規職員の塚田さんが司書を続けている秘訣とは?!
どうして?(モチベーションの保ち方)
どうやって?(勉強方法)
自分自身の、司書としてのパワーアップに役立つ話が聴けるかも!!

日時:2010年1月27日(水)18:30〜 20:30

場所:静岡県男女共同参画センターあざれあ4F 第2会議室

参加費:無料

対象: 図書館スタッフ(非正規・民間など)

定員: 40名(定員を上回る応募があった場合は、先着順)

申込先:「図書館で働き続けたい人のためのパワーアップ講座」実行委員会メールアドレス
powerup.shizuoka@gmail.com

共催/「図書館で働き続けたい人のためのパワーアップ講座」実行委員会・静岡図書館友の会
posted by 発行人 at 10:43 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

第3回日本図書館協会九州地区図書館の集いのお知らせ

[日本図書館協会さんから情報いただきました。図書館に関心をお持ちの方であれば、どなたでも参加できます。]

子どもでつながる、未来とつながる
〜学校図書館、公共図書館、大学図書館の連携とその可能性〜

日時 平成22年1月31日(日) 10:00〜16:00
会場 福岡県立図書館 レクチャールーム
資料費 500円
基調講演 子どもの生きる力と図書館
        塩見昇氏(日本図書館協会理事長)
報告 福岡県の学校図書館の現状
     有川公一氏(福岡県学校図書館協議会会長)
パネルディスカッション 子どもでつながる図書館とその活動
  パネリスト 森田盛行氏(全国学校図書館協議会理事長)
         小林隆志氏(鳥取県立図書館支援協力課長)
         安藤友張氏(九州国際大学准教授)
         柏木和治氏(小郡市立三国小学校校長)
  コーディネータ 河井律子氏(福岡県立図書館副館長)

詳しくはチラシをご覧ください。
posted by 発行人 at 21:42 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

図書館問題研究会第37回東北集会のご案内

東北の図書館から未来に挑む!

海の幸、山の幸の豊富な青森の温泉で、冬の寒さに負けずに心をホットにして、図書館の未来を語り合いましょう。
各地の皆様のご参加をお待ちしています。

日時 2010年1月10日(日)(13:00受付)〜11日(月・成人の日)(12:00終了)
    八戸駅から12:50に無料送迎バスが出ます。
    それ以降の到着予定の方はタクシーでお越し下さい。
会場 ウエルサンピア八戸(温泉です) 電話0178-23-5151
参加費 全日参加(1泊2食付) 13,000円
      夕食なし参加(1泊朝食付) 9,000円
      日帰り参加(夕食あり) 8,000円
      10日のみ参加 2,000円
      11日のみ参加 2,000円
      (発表者1,000円引き、発表者資料持参500円引き)
     参加費は当日受付にお支払いください。
     1月以降はキャンセル料が発生します。
     部屋は全て相部屋となります。
     発表をされる方は、発表資料を50部持参してください。
申込先 図書館問題研究会宮城支部 加藤孔敬
      〒981-0503 宮城県東松島市矢本字大溜1-1 東松島市図書館
      ファックス0225-82-1121 katolib@gmail.com
     申込時には氏名、住所、電話番号、アドレス、所属、発表の有無を記入してください。
     発表を希望する方は、発表希望日、発表のタイトル(テーマ)を記入してください。
締切日 12月20日(日)
      11月30日(月)までに申込んだ方は1,000円引き!

主催 図書館問題研究会岩手支部・福島支部・山形支部・宮城支部
posted by 発行人 at 14:02 | Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。